きしたまの赤裸々ラララ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハチク論

ハチミツとクローバーに関する持論
略してハチク論



まあ、こんな駄洒落はどうでもいいんだけど、ハチクロは本当に面白いよ
某ゲームプロデューサーと同じ名字の先輩(♀)に大学入ってすぐ、確か5月上旬に薦められた頃は割と微妙だったんすよ



ところが

なんか今読んでみると死ぬほど面白い…
本当、ちゃんと読んでなかったことを後悔です


何が面白いかって、凄く大学生活とか恋愛とかに共感できるんですよね


とくに恋愛模様は切なさ全開ですわ


読んでて、竹本や山田さんや真山がポエムるのも本当にわかります

竹本の仲のいい人と戦いたくないってのもよくわかるし、って言うか俺かよ!?みたいな感じだし、山田さんがふられたけど大好きな真山に少しでも構ってもらいたくて色んなことをしたりするってのも本当に打ち震える感じだし、真山が敢えてリカさんのところから離れるんだけど、やっぱりずっと好きだってのも仕方ないって感じになるし、俺はまだふったことはないけど、真山が山田さんに出来れば幸せになって欲しいと考えて構ってしまうってのもやっぱりそうするよなあって感じです


で、この漫画は森田さんとはぐは心の内をポエムって語らないんで感情移入しにくいんですよね
そこは2人のキャラクターなんで仕方ないんでしょうけど…
まあ、なんか超然としてるって言うかね
つか、森田さんは出てくるたびにジャガーさん化って言うかうすたキャラ化していくのがちょっと面白いです



やっぱり人間、恋をしたらこういう恋愛漫画も好きになるのか、としみじみ思います
恋したことがなくて、これを面白いって言う人はあんまいないと思う


そんな、俺が好きなキャラは竹本と真山
竹本はなんか、自分と似すぎててコワいww
なんか、ココロの中で思っていることとかがいちいち青臭いって言うか…
つかアレか、
こんなこと書いていたら自画自賛みたいやね
でも、とにかく、周りの人らにコンプレックスを抱きながらも
なんだかんだで、仲間と騒いでるてのが本当に自分の現状とダブって見えるんすよね
だから、竹本がいつ殻を破って俺を置いてけぼりにするのが楽しみであったり、不安だったり・・・
ってか、竹本は技術持ってるから既に俺より上だよなあww
まあ、でも、これほど親近感を持てるキャラは他にいないんで、本当に好きだな
こいつのポエムはいちいち胸をかきむしりたくなるくらい、こうガーッと何かが来るね
切ないってやつか!?
うん
ほんまタマラン
竹本、好きだよ、竹本(断じてホモではない)



自分探し、俺もすっか




んで、あと、真山なんですが、真山の何が好きってやっぱりその優しさだよね
やっぱりこういう優しい人になりたい
確かに真山の優しさが、山田さんを生殺しにしてるんだろうけど
やっぱり優しいってことで悪いことはないと思うから
こんな、皆に優しい人になりたいよね
それでいて、一生懸命な人間
だから、真山はまあ、俺の理想像に近いのかもしれない
だから、好きって言うより憧れの領域
若さと大人らしさが絶妙なバランスであるんすよね



ほんま、これぞ青春って感じの群像劇ですね
あ~、読んでいなくて勿体無かった


つか7巻の最後は何だこりゃ?
見事に竹本にやられたよ
こんな告白、俺もやりて~~~~!!
かっこよすぎだよ、お前
俺も23の頃にはこんな奴になってたいな



ふう、てか
今度、買いに行こう
新品でさ






PS
1巻のローマイヤ先輩の話だけ異常に浮いていて何なんだろうと思ってたんだけど、7巻の番外編でやられたよ
完敗だ
まさかこんなところの為の伏線だったなんてっ



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。