きしたまの赤裸々ラララ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちくびさわられた

そこにはどうしようもない男がいた
友人の気遣いを無為にするような男だ
2人きりだと言うのに何もしない
ただ、ひたすらに楽器をかき鳴らすだけだった

そして時間だけが過ぎる
会話は数える程しか無かった
そして数少ない会話もとりとめのないもの
男は言いたいことはあったがどうしても言えない
決意してもギターの音にかき消されてしまう
男は2人きりが嫌いだった
普通ならばチャンスとなるはずがその男にとってはピンチでしかない
どうしようもない屑だと自覚しながらもどうしようもなかった
男はただ悲しむだけだった

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

押し倒すくらいの甲斐性が欲しいもんだぜ・・・とか言ってばかりいるからピュアと言っても信じて貰えないんやろうなぁ・・・

堀幸一 | URL | 2006年02月02日(Thu)01:25 [EDIT]


押し倒したら犯罪やって。押し倒されたれたらいいけどさ~。つ~か、せめて雰囲気くらいつくれよ・・・

GA | URL | 2006年02月02日(Thu)01:32 [EDIT]


雰囲気の作り方がわかったら苦労しねぇよorz
まぁあれや
変わらんとな

きしたま(森惹子) | URL | 2006年02月02日(Thu)10:48 [EDIT]


すまねえ…

余計なところで現れて…

モルッフ | URL | 2006年02月06日(Mon)09:15 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。