きしたまの赤裸々ラララ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カブト感想

仮面ライダー生誕35周年記念作品、平成ライダーとしては7作目の仮面ライダーカブトが始まった




とりあえずカブトの単純な感想としては面白い
でもこれだけじゃ幼稚園児にも言えるから色々と言おう


カブトは何か昔自分が考えていた龍騎の同人ネタ(痛)にめっさ似てるんだよなあ


まあ、それは遠い記憶の彼方にあるからあんま覚えてないんだけど二段階変身てのはそのまんまだからなあ
まあ、イナズマンからパクっただけなんですがww
多分カブトもそうなんだけど流石プロが考えるんだなと思えるのは単純なパワーアップではなくて敵のスピードアップに対抗するための二段階変身てところだろう
第1話にはまだ一段目しか出てきていないけどこれからはどんな風に使い分けていくのかが楽しみなところ


それからアクション面でも響鬼よりは良くなったと思う
響鬼はCGの巨大摩訶網と戦う為に何にも無い空間でアクションをしていたからどうしても違和感と質感の不自然さが拭えなかったんだけど、カブトはもとの等身大戦闘がメインになって腰の座ったアクションが出来ている
そして、ファイズ以来のメカニカルライダーってことでかなり動きの質がクロックアップも含めてファイズに近いのもアクションが良いと思う理由だとおもう
スローモーションの演出やメリハリのついた格闘なんかはもろにファイズを思い出した
まあ、これにはアギトからブレイドまで主役ライダーを勤めていた高岩さんの力によるものが大きいと思うけど
響鬼の伊藤さんは軽快さのあるアクションだったから余計に高岩さんが力強く感じる
伊藤さんはナイト、カイザ、カリスなど二番手ライダーをやってきたから今回もザビーに入るんだろうけど


そして、敵も宇宙からやってくる怪物だからかなり大規模な戦いになっていて良い感じ
ゼクトルーパーの数で戦うもどうにもならないのも敵の強大さを出すのに一役買っている
G3、デルタ、ギャレン、威吹鬼に代表される噛ませ犬ライダーを無くす為にも今後も出していって欲しいところ
やっぱりライダーは強くなきゃ子供が憧れないし悲しいから



あと主人公が人当たりの悪い性格ってのもライダーにしちゃ新鮮な感じ
自信家だからたっくんよりも付き合い憎いぞ(笑)名前もそうじだしよぅ



と、まぁ、こんな感じでカブトは久々に第1話から期待の出来るライダーになって今後も見逃せない感じだから皆も見よう

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ここまで語れる君がすごいよ・・・・

GA | URL | 2006年01月30日(Mon)04:13 [EDIT]


いやいや俺なんてレビュアーとしてはまだまだ全くのカスやから…
つか君もブログとかやろうぜ
近況とか知りたいし、といきなり提案してみる

きしたま | URL | 2006年01月30日(Mon)04:35 [EDIT]


G3は弱くねーよ!
Xになって強くなったよ。
最後に敵の強い奴倒してたよ。
うわーーーーーーん

モルッフ | URL | 2006年01月31日(Tue)18:27 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。